かならずわかる!パソコン教室

かならずわかる!パソコン教室 サイト内検索


お知らせ

ホームお知らせ

ワンクリック詐欺にご注意ください

各ソフトへのリンク

オフィス系ソフト

マルチメディア

画像加工


ホームページ作成

※Adobe社はソフト販売から、定額利用プランへと販売戦略を変更しました。

※無料ソフトのダウンロードは、なるべく公式サイトからするようにして下さい。最近よく見かけるダウンロードサイトには悪質なものもあり、ブラウザの設定を書き換えたり、「パソコンが危険にさらされています」という広告を執拗に表示しソフトを販売しようとするので、注意して下さい。

上記のリンクは公式サイトです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:セキュリティ情報

Microsoft 製品の脆弱性対策について(2017年10月)2017-10-11

【注意喚起】Windowsアプリケーションの利用における注意2017-09-28

Bluetooth の実装における複数の脆弱性について2017-09-14

Microsoft 製品の脆弱性対策について(2017年9月)017-09-13

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB17-28)(CVE-2017-11281等)2017-09-13

「Wi-Fi STATION L-02F」にバックドアの問題(JVN#68922465)2017-09-12

Apache Struts2 の脆弱性対策について(CVE-2017-9805)(S2-052)2017-09-06

迷惑なソフトウェア

新しいソフトを導入した時に、関係ないソフトのインストールのチェックを外し忘れて、勝手にインストールされたというケースが多いかと思います。

悪質なものだと、コンピュータが危険にさらされています!と不安をあおり、さらにマイクロソフト公認かのように装ったソフトのダウンロードを促すものもあります。余りにも頻繁に危険危険とあおってくるのでうっかり購入してしまいそうになるかもしれません。

最近よく噂になるRegClean Proなどもその典型ですが、インターネットを検索すれば、削除方法等詳しく紹介されています。

その他の迷惑な方々

どうやったらいらないソフトの勝手なインストールを回避できるの

第一に、公式サイトからダウンロードする癖をつけよう!ソフト紹介サイトからダウンロードするとき「専用のダウンローダーが必要です」と出るサイトからはダウンロードしないようにしましょう。そんなもの公式サイトに行けば必要ない場合が多いのです。

第二に、これらを回避するには、ダウンロードやインストールの際によく読んで、怪しげなツールバーやデフォルトページの書き換えのチェックを外す、高速インストール(推奨)の但し書きをよく読むなどすれば済むのですが、ダウンロードサイト独自のダウンローダーをインストールしないとダウンロードできないというサイトには特に注意して下さい。

最近特にダウンロードする際に検索順位の上位に上がってくるので、注意した方が良いと思うサイト

softonic.com
softonic.jp

ホームページのデフォルトページが「hao123」という、検索ページや動画サイトなどの一覧ページになってしまいます。削除方法

とにかくよく見てからクリックしよう

これは勝手にインストールとは違いますが、よく見ないと、こんなうっかりインストールも起きますよという例です。下図は日本でも有名なVectorという大量のソフトをダウンロードできる便利なサイトです。ぱっと見て、あなたはどのボタンが欲しいソフトのダウンロードボタンだと思いますか?


よく見れば小さい方の「ダウンロードページへ」が目的のボタンだとわかると思いますが、慌ててたり、よく見てなければうっかり大きなほうの広告のダウンロードボタンを押すかもしれません。それが海外のサイトになれば尚更です。とにかく「ダウンロードする時はよく見よう!」

元に戻したい

よくある質問

ブラウザの検索ツールバーを元に戻したい。

Googleの検索ページを開き「(今デフォルトになっている)ツールバー名 削除」で検索(例)Babylon Toolbar 削除

ブラウザのデフォルトページを元に戻したい。

Googleの検索ページを開き「(今デフォルトになっている)ページ名 削除」で検索(例)hao123 削除